育児

恐竜レストラン「太古レストラン酒場 ダイナソー」へ行ってきました

神奈川県大和市にある恐竜レストラン「太古レストラン酒場 DINOSAUR ダイナソー」へクリスマスイブの夜に家族で行ってきました!
お店に恐竜がいることは直前まで息子には内緒で「クリスマスだからお外でご飯を食べるよ」と言って出かけました。
今回は、予約方法、子連れでの利用、店内の様子、メニュー、駐車場などについてまとめてレポートしたいと思います。

「太古レストラン酒場 ダイナソー」の住所は?営業時間は?

「太古レストラン酒場 ダイナソー」は神奈川県大和市にあります。

住所:神奈川県大和市代官2-16-12 1F
アクセス:小田急江ノ島線「高座渋谷」駅 西口改札徒歩15分
駐車場:21台分有り
電話番号:046-240-6947
席数:最大142名様まで収容可能
営業時間:ランチは11:00~15:00(料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:30)
ディナーは、17:00~22:00(料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)
定休日:火(祝日の場合は翌平日)
公式サイト:https://www.k-scc.co.jp/dinosaur/

SNS: TwitterFacebook

予約は必要?

予約サイトで空席確認をすると、土日祝日は「×」が付いている日も多いですが、平日は比較的空きがありそうです。
我が家がクリスマスイブに行ってみたいと思ったのは、2週間前くらいでした。クリスマスやイブになんて予約が取れるわけないかな?と予約サイトを覗いてみたところ、まだまだ余裕がありました。
予約なしで訪れても、当日来店用のウェイティングボードがありますが、確実に入店したい場合や、子連れの場合は予約していくことをおすすめします。

また、バースデープレート、太古の骨付き肉は、事前予約が必要です。

「太古レストラン酒場 ダイナソー」予約サイト:https://dinosaur.owst.jp/

子連れでも大丈夫?

お店の名前に「太古レストラン酒場」とついているけど、子どもを連れて行って大丈夫なのか心配になりますよね。
でも、安心してください。我が家が訪れたときは、6~7組のお客さんがいましたが、すべて子連れでした。

子ども向けのメニューは?

基本、店名に「酒場」とつくだけあって、飲み屋的なメニューが多いですが「ちびっこレンジャーランチ」という恐竜のプレートに乗ったお子さまランチがあります。(ディナータイムも注文可能です)
我が家の1歳の娘と3歳の息子「ちびっこレンジャーランチ(お子様プレート)」に注文しました。

正直、3歳の息子は恐竜が気になり過ぎて食事どころじゃありませんでした。(笑)
でも、ハンバーグと唐揚げとポテトとゼリーはしっかりと食べていました。
ハンバーグは平べったくてかたい冷凍モノなんだろうなぁと思っていましたが、ふわふわと柔らかいハンバーグで、1歳の娘も喜んで食べていました。

離乳食や粉ミルクの持ち込みは?

公式予約サイトには、お店のメニューが食べられない月齢の子や重度のアレルギーなどがある子は、離乳食やお弁当の持ち込みOKと記載されています。
粉ミルクについても隊員(店員)さんに声を掛ければお湯がいただけるそうです。

子ども用の椅子は?

小さな子どもを連れて外食する際、気になるポイントの椅子。
「太古レストラン酒場 ダイナソー」では、独立タイプの小さい椅子と、通常のイスの上に乗せて高さを出す椅子が借りられます。
また、椅子に座れない月齢であれば、ベビーカーを席まで持ち込むこともできます。

授乳室はある?

我が家が訪れた2021年12月末現在は、パーテーションパネルで仕切られた簡易的な授乳スペースがありました。

張り紙に書いてある通り、今後、授乳室を設置予定とのことです。子連れには嬉しいですね!

おむつ替えスペースは?

おむつ替えスペースは、女性用トイレに簡易的なベビーベッドがありました。

1歳の娘を連れて行っていたので、このベッドがあって助かりましたが、娘(体重約9キロ)を乗せてオムツを替えていたところ、グラグラと揺れて「大丈夫かな?」と少し不安でした。また、ベッドのサイズもかなり小さめなので、身長約74センチの娘を置くとギリギリという感じでした。
立たせてオムツを替えるような月齢になってくると、あのベッドの上に立たせて良いものか、ちょっと心配になります。

待合室は?

子連れの場合は、予約してから行くことをおすすめしますが、混雑していて待たなければいけないという場合は、ビデオが流れているスペースがあったり、塗り絵ができるスペースがあったりして、子どもが飽きずに待てるように工夫されていました。

恐竜づくし!店内の様子は?

店内はとにかく恐竜づくしです!触らなければ、写真を撮るのもOK。自由に見て回ることができます。
お店に来ていた子どもたちはほぼみんな食事どころではなく、色んな恐竜を見ていました。

ティラノサウルスは大迫力でした!

アンキロサウルスは尻尾がブンブンと動きます。

天井にはプテラノドンも!息子は「ヘガーン!」とギガントサウルスに出てくるプテラノドンのキャラクターの名前を大きな声で呼んでいました。(笑)

イグアノドンや他にもスピノサウルスなど、動きもリアルで大人も子どもと一緒になって楽しめます。

メニュー

メニューは子ども向けメニューも一部ありますが、基本的には居酒屋メニューです。
「アンキロサウルスプレート」や「オヴィラプトルの爪~梅肉和え~」など、ネーミングも恐竜にちなんだものになっていて面白いのですが、品数も多く、普通の居酒屋では見慣れない名前の料理になっているので、事前に予習をして注文したいものをなんとなく決めておくことをおすすめします。

特に、子連れの場合は子どもが恐竜に興奮してワチャワチャして、落ち着いてメニューを読み込む暇がありません!(笑)

アンキロサウルスプレートは、パン生地にウィンナーが入っている、アメリカンドッグみたいなものだそうです。(今回我が家は注文していません)
オヴィラプトルの爪~梅肉和え~は、焼いた鳥のササミを梅肉で和えたものでした。こちらは私が注文しましたが、正直、ササミ肉がパサついていて食べ辛さを感じました。

料理のボリュームに注意!

今回、家族4人で行きましたが、子どもたちはあまり食べないので胃袋はほぼ2人分。
初めて行ったということもあり、アレもコレも気になり、色々と注文してしまいましたが、それぞれボリュームがあったのでかなり残してしまう結果になりました。(ゴメンナサイ!)

今回の注文内容
・ちびっこレンジャーランチ×2
・恐竜の巣サラダ
・オヴィラプトルの爪~梅肉和え~
・山盛りフライドポテト
・プテラノドンの唐揚げ
・水郷鶏の釜めし
・究極のTKG

水郷鶏の釜めしと究極のTKGはテーブルでご飯を炊いてくれます。
それぞれの家族の胃袋事情に寄るかと思いますが、普段、決して小食とは言えない私と夫ですが、ご飯系は2人でひとつで十分だったな、と思いました。

そして、ごめんなさい。正直な感想としては全体的に居酒屋メニューなのでしょっぱいです。(酒場なので当然ですが…)
コレだけ子連れが多いので、もう少し子連れ寄りのメニューがあってもいいのにな、と勝手なことを思ってしまいました。

恐竜ライドはどうやったら乗れるの?

子どもにとって大興奮のイベント、恐竜ライド!名前の通り、恐竜に乗って店内を一周できるというスペシャルなイベントです。

ただし、このイベントの対象は、下記いずれかが当てはまる子どものみになります。

  • 来店月が誕生日の子ども(身分証明書の提示が必要です)
  • 恐竜ライドポイントが3ポイント貯まっている

※「恐竜ライドポイント」は、フードメニュー1品ご注文につき、1ポイント貯まります。

まとめ

恐竜好きな息子を連れて、いつか一度行きたいと思っていたレストラン。期待以上に大人も興奮しました。

以前、このブログで紹介した東京都町田市にある恐竜ホテル「アルティア ダイナソー町田店」は、さすがに子連れでは行けないと思っていたパパママはぜひ「太古レストラン酒場 ダイナソー」へ行ってみてください。恐竜好きなお子さんには自信を持っておススメできるお店です!

授乳室やオムツ替えのベッドも、簡易的なものではありますが、子連れ客のことをお店が考えて配慮してくださっているのが伝わってきて、クリスマスイブに家族でとても楽しい時間を過ごすことができました。今回、恐竜ライドポイントが3回分、貯まったのでまた家族で行く予定です!